むやミ日記

どごさぁべ? 夢野岬ノ果テなさぁべ。

病院のそばの元釣り堀の底から発見されたらしい古墳時代の遺跡と栗林の木陰の昼寝のこと

病院です。 正面のガラスのところの白い文字は「生化学検査受付」となっています。 左の入り口の奥のほうに、採血をしている看護師さんと、その順番待ちのひとが3人います。 あたしは、その4人目で、これから採血してもらいます。 どうして採血なのかは、…

アジサイみたいの、テントー、黒いの、アブラ、ウメ、カリン、カキ、ダンゴと、サ行変格のようなものについて

まだつぼみ状態のアジサイみたいのがありました。 その向こう側で、あたしの住処の大家さんが、たぶん、バングラディシュ産の「麻」製のアミを張っていました。 大家さんがこの前、植えていたゴーヤが成長してきて、これからからみついてゆく予定のアミの目…

むや実の=アイキャッチャーを=栗の木ばやしでつかまえて!?の巻

あたしの住処の、大家さんは言った。 「ちょっと、その、むや実? の、お尻って、どーなの?」 「お、おしり・・で。す。か?」 「みせてごらんな」「・・」 「あー・・、やっぱりー・・」「・・へたっぴで・・」 「へたはへたでかまわないんだけどー・・」…

ハシボソおひとりさまカラスと、あつあつキジバトカップルの攻防について

こちら、ハシボソカラス(おひとりさま)です。 どうしてハシボソ、と、わかったかといいますと、ボケ写真よく見ると、カラスの左足が浮いてます。 このカラス、ここらへんを縄張り餌場にしてるようで、よく見かけます。けっこう賢いかんじのカラスです。 あ…

国立国会図書館オンライン「遠隔地複写サービス」から〒ブツが届きました。

この記事は、 図書館の資料室ロッカー前の小事件と優先指定席とりっこと国会図書館オンラインのこと - むやミ日記 このヘルメットかぶってチャリコで図書館にいきました。 - むやミ日記 からの【つづき】です。 複写サービスの「申し込み」をしたのは、2018/…

もやっくま(試作品)は、まだちゃんとはジリツできてない、が、草に寄っかかって、座った

日曜日、午前4時すこし前に起床。 「菊地成孔の粋な夜電波」(TBSラジオ)を聴く。 菊地成孔の粋な夜電波|TBSラジオFM90.5+AM954~聞けば、見えてくる~ いつもは、「radiko」のタイムフリーで「土曜深々夜」リストのいちばん下にある「28:00~29:00」を…

このヘルメットかぶってチャリコで図書館にいきました。

モチロンつながり目玉の、むや実は、外して、いきました。 この前、図書館に行ったのは、5月11日(金)です。 そのときもチャリコに乗っていきました。 なので、うまくいければ、この記事のすぐうしろに、前回のチャリコ→図書館の記事が、ここの「カテゴリ…

ナビゲーション・メニュー「岬ノ果テな」に丸っこい方位磁針=コンパスをつけました。

これは、むやミサキから眺めた空です。 この空の下に、海が、ひろがっている、はずなのですが、まだ写真はありません。 右下に見える樹木の根方に、げんざい、あたしの住処になっている、石牟婁(いしむろ? いわむろ? )があります。 トップページのタイト…

ひいじいが、「こどもの頃は《どうぞお食べなさい》なんて言われたことねー、いっぱつ《け》だけなんだ、け。」と言ってた。

「け」=「食」。 これは、フライパンでコーヒー活性炭を再度、乾煎りしているところです。 でも、「け」=「食」するわけではありません。 きのう、実験した「コーヒー活性炭をベッドにした蚊取り線香+《蚊いぶし》」は、一定ていど、成功したみたいでした…

ブドウの花のその後と抽出後のコーヒー(活性炭・乾煎り済)を蚊取り線香の燃焼ベッドにした《蚊いぶし》の作業現場での実験結果は

ブドウの実のつく花の房の形が、もうきれいに出来上がっていました。 ここは、いちばんブドウの生育状況が進んでいる屋根付き自転車置き場のブドウ棚です。 ちょうど10日前、ブドウのツルの成長点は、もうすでにこの屋根の下から、近接した樹木の枝のほう…