むやミ日記

どごさぁべ? 夢野岬ノ果テなさぁべ。

これはハナモモ、と教えてもらいました。

f:id:muyamisaki:20180410155525j:plain

  図書館にむかうとちゅうで、久しぶりにこの木とあいました。

 自転車でずーっと裏道をとろとろいくと、とつぜん視界が、モモ色に、変化して、ひぇーっとなります。

 自転車おりて、背中のザックをはずして、スマホをごそごそとり出そうとしていると、

 「はいこんにちは、きれいですねー」

 小さいおばあさんが、あたしのうしろでそう言って、この木を見上げています。

 「あー、ども、えと、こんにちは、あの、この、はなの、木、なんていう木か~ごぞんじですか?」と、きいてみました。

 「あーこれね、このへんではね、ハナモモ」

 「あ、ハナモモ、っていうんですか。ども、ども、ありがとございますー」

 ぺこりとおじぎをして、スマホのボタンを押して、パシャパシャやりました。

 まわりが明るすぎて、画面がよく見えませんが、なんとかなるだろー、あと、おばあさんのうしろ姿も撮っちゃおうか、ときがついた、の、、ですが、、、もう、先のほうの路地を、曲がっちゃったのでしょうか、すがたがみえません。

 

 図書館で、津島佑子『伊勢物語/土佐日記』(1990.4.20)、『狩りの時代』(2016.8.5)を貸出してもらい、『ジャッカ・ドフニ:海の記憶の物語』は貸出中とのことで、予約リクエストして帰ってきました。