むやミ日記

Muyami Net Watching Diary

ブドウの花のその後と抽出後のコーヒー(活性炭・乾煎り済)を蚊取り線香の燃焼ベッドにした《蚊いぶし》の作業現場での実験結果は

f:id:muyamisaki:20180516192808j:plain

 ブドウの実のつく花の房の形が、もうきれいに出来上がっていました。

 ここは、いちばんブドウの生育状況が進んでいる屋根付き自転車置き場のブドウ棚です。

 ちょうど10日前、ブドウのツルの成長点は、もうすでにこの屋根の下から、近接した樹木の枝のほうまでのび放題だったので、ブドウ・キウイのツル誘引作業をやったのでしたが、ふただび、あっという間に10日前と同じか、それ以上の繁りぐあいです。


きょうは、30℃越えの夏日でした。

 

 そこで、再度、ツルの誘引・結束の作業を開始するわけですが、とうぜん「天敵対策」をちゃーんと準備して、とりかからなければなりません。

 

(天敵対策材料1)去年の夏に使用した、キ○チョー蚊取り線香
(天敵対策材料2)9日前に、ほぼ実験成功したコーヒー(活性炭・乾煎り済)《蚊いぶし》

 

 上の《蚊いぶし》のベッドのその上で、蚊取り線香を点火して《蚊いぶし》のコーヒー(活性炭)がじわじわっと燃えはじめると、どうなるか・・・? そうとう効くのでは?

 

 蚊取り線香に点火して、《蚊いぶし》コーヒー(活性炭)の上にのせました。

f:id:muyamisaki:20180516193815j:plain

コーヒー(活性炭)にも火が移ったもようで、蚊取り線香のニオイとケムリとは別の、ほのかなニオイとケムリが立ち昇ってきます。

あとは、作業に取りかかるだけです。

作業おわりました。


汗びっしょでした。

ひも結び作業がおもだったので素手でやりました。

風は、南東の風4メートルでした。

風の吹きかげんはちょうどよかったでした。

しかしその、南東の風4メートルに蚊取り線香+《蚊いぶし》の煙は流されて

素手の左手手首を天敵に、3ヶ所も・・・

 

【つづきます】