むやミ日記

Muyami Net Watching Diary

記録的豪雨・特別警報そして、緊急呼び出しチャイムが鳴って

今週、三度目の、 Go Me の日です。
今朝も、大家さんが玄関の内側に置いていたプラスチックGo Meの大袋をいつもの場所に出しにいきます。

雨が降っています。気温22℃、湿度96%。

 

「かぜひくな!?」

 

と、ツイッターに書いてから、ビニ傘さして、プラGo Me大袋ぷらぷらさせて歩いていくと、道路わきの地面の下のほうから、

水が流れる音がきこえてきます。

Go Me大袋をだして、片手をあけて、古iPhone5をポケットから引っぱり出して、

これ↓

f:id:muyamisaki:20180706200541j:plain

(写真:集水口)

地面の下を流れてきた水が、集水口に落ち込んで反響している音のようでした。

 

のぞきこんでじーっと見てると目がなれてきて、けっこうな量の水がたまっているのが見えました。


うんむっ? とさらにかがんで目を寄せてみると、赤色の(きのうの赤色川のと同色の)水のように見えるので、

 

カクニンのために、赤色川の小水門のところまでいって、

f:id:muyamisaki:20180706200930j:plain

(写真:赤色川小水門)

 

赤色川の、昨夜の降雨量と=水位の変動が手にとるようにわかります。
水に溶けた赤土のようなのが小水門下部の吸込口に入りきらず、その下流側に粘土状に堆積しています。

 

赤色川の「赤」の正体はもしかしたら、{これ}

関東ローム層の黒土(溶脱層)の下にある褐色を帯びた土(集積層)が、赤土です。
特徴は、粘土質が高く栄養質が低くて固まりやすいです。ガーデニング等に向かないとされてきた土です・・・が、赤玉土(赤土を粒状に加工したもの)が園芸用の用土として一躍有名になりました。粒状にすることで、通気性や排水性が向上した為、腐葉土と配合して使用する事がガーデニングの基本的な土となったのです。

http://tamajyari.com/item/k012.html

 

そしてこんどは、カメラ特化の古iPhone5をちょっと引いて、
小水門の向こう側を眺めてみると、
f:id:muyamisaki:20180706201329j:plain

(写真:明治中期地図にあった低湿地帯への遠望)

 

小水門から道路を挟んだ向こう側に「集水点検口」が見えます。

さっきの赤色水が溜まった「集水点検口」はそこから少し先で、

ゆる下りの、雨に光ってる道路の右側にあったものです。

 

さらにそこから真っ直ぐ下りの道路が行きつく場所が、

「リード外され中型犬とタバコぷかーのおじさん」のいたところとなり=明治中期の地図に描かれていた、低湿地帯=水たまりがあった場所で、

 

と、ココまで書いていると、、

 

「ピンポーン」

大家さんからの(緊急)呼び出し音!

 

いまね、テレビで「記録的豪雨・特別警報(福岡、佐賀、長崎)7/6(金)17:17現在」だって。きょうはね、晩ごはん食べたら、ここの二階でねなさい(沖縄風ていねい命令やさしい形)。タタミの部屋にフトン敷いとくからね。わかりましたか?


 は~い  (しょがないね・・)

 

【つづきます】