むやミ日記

どごさぁべ? 夢野岬ノ果テなさぁべ。

歯医者さんでリアル歯の根っこと、「むやミキャラ」の根っこの「根圏」のことを考えた

きょう、16時50分ごろ歯医者さんにつきました。

 

ちっちゃい女の子が、お母さんの歯の治療がおわるのをまちながら、キッズルームで一人で遊んでいました。
ときどき遊びを中断して、
「マーマ、まーだー?」
というと、受付とキッズルーム担当の係のひとが、
「もーすこしねー、○○ちゃん、お水のむー?」
「のーむー・・」


大きな透明ガラス容器のなかでミネラル水? が噴水になって溜まっているウォータークーラーの前に○○ちゃんが出てきて、係のひとも出てきて、紙コップをとってあげようとしています。
すると、
「やだ、○○できる」といって、
じぶんでガサゴソやっていますが、紙コップを置く場所がハズレるのと、注水ボタンを押すのとが、なかなかうまくできません。

係のひと、少し離れたところから見ています。

○○ちゃん、カシャカシャあれこれやっていますが、うまくできません。

○○ちゃんのちょうど後ろにいた、あたしは、係のひとと同じように、見ているだけです。

○○ちゃん、どうやってもうまくできないので、
「も゛゛ーーー!!」と、ナキ声あげました。

そのとき、


「あら?」

 

と、治療終わったお母さんがドアの向こうから出てきました。
そして、
「あ゛~~、やだ、クッサイーイ、○○、ちょとあんたウンチしたでしょっ!」
お母さん、肩にかけてるファッション・リュックから、オムツを出そうとゴソゴソやってます。

「やだー、もう、ないよーー、そだ、クルマクルマ、○○ちょっと待っててね」
お母さん、駐車場にとっとといってしまいました。

水ものめない、オムツもぬれたまんまの○○ちゃん、いなくなったお母さんの後ろ姿を見送ってから、
気持ちガニ股状態のまんまで、ウンチのニオイをほのかにただよわせつつ、ゆーくり向きをかえてきます。


左ほほからアゴの下までペターーンと何かが貼ってある、あたしの顔の白いものを、、
ぢぃーーーーと、見ています。

 

これね ↓。

f:id:muyamisaki:20180709210738j:plain

それで、
これでいこっと。
と、
決定しました。

 

「むやミキャラ」の根っこの「根圏」を、一日一コマ、くみたてて、ちょーっとずつ、成長させて、つづきをみる、、

 

ということになりました。

きょうから、この先、とうぶんのあいだ、

「むやミ日記」のブログアイコン、アイキャッチャーなどは、

一日一コマずつかきかえて、表示していくことにします。

 

「むやミキャラ」の根っこもんだいは、こちら↓

www.muyami.net

 

「根圏」とはなにか、は、非常に長い引用で、ここに↓

www.muyami.net

 

いつ、どういう状態になったら「完成」なのか、わかりません。

ほんの少しずつ、どこが変化しているのか、わからないくらい、ちびちびっと、変わっていければ、OKってことで、やっていきます。


 追伸:リアル歯の根っこは、ココのところの気温変化などで、扁桃腺が腫れて、左ほほと首の付根が、ぷっくらふくらみ、左下歯奥の何本かが根っこ方向からツキ上げらて、歯浮き状態になってた(お医者さんA)、らしいです。

お医者さんB。
「あらー、ほっぺふっくらしてー、かわいくなっちゃってー・・」
だって、
「え、へっへー・・」とか、いって、
歯浮状態テキトー返事して帰ってきました。

 

【つづきます】