むやミ日記

Muyami Net Watching Diary

夏休みの観察「セミの抜けガラ」の記憶のこと

カラから抜ける前と、抜けてすぐの姿はジッサイにはなかなかお目にかかれない

f:id:muyamisaki:20180816202218j:plain

キンモクセイの細い枝の先っちょに、セミのぬけがら2こがありました。

このどっちの抜けガラから抜けたセミなのかどうかは不明ですが、
2018-07-22の「あ SEO ?ではなかった、SEMIが眠っているyo」のとこに1コ写真がありました。羽根が茶色いのでたぶんアブラゼミ?みたいなやつが、あんまり暑つ過ぎるので比較的涼しい地下の階段の下のほうにおりて、ひっくり返って「zzz」とヒルネしいるのか? あるいは、死んだふりをしているのか、や、もう死んでいるんじゃねーの? というような考察をしていたような気がします。
その写真ここに貼ってみます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/muyamisaki/20180722/20180722213012.jpg


セミはひっくり返っていますが、セミ足は、なんかいい気持ちで寝てるみたいに、だら~んとしています。

 

抜けガラから抜けたあとのセミは、こんなふうだっ、と、あたしたちの記憶の欠片にふつうに残存するようです。しかし残念なことに、

抜けガラから抜ける前のセミ(幼虫?)と、
抜けガラから抜けてるまっさいちゅうの(羽化?)セミは、
???

ほとんど見たことないので、
???

記憶の欠片もなんも、ナシ、です。

 

見なかったほうがよかった~(かな?)

 

「見たこと」は、イメージ「画像」、イメージ「動画」と置き換えていいですか? 

どうじに、

それら「画像」「動画」を見たときに、説明「音声」や「文字」などで「セミの幼虫」「羽化中のセミ」というような、コトバ=記号で言い表していいでしょうか?

 

いまためしにちょっと、グーグル検索エンジンさまのお力おかりして「You Tube」と「ウィキペディア」を「見て」きましたが、もうカンタンに「見たこと」になってしまったようでした。が、とっても、

見なかったほうがよかった~(かな?)

見るの途中で止めてもどってきました。

 

・なんで、この2コのセミの抜けガラは、こんなキンモクセイの細枝の葉っぱの先っちょにくっついているのか?
・2コのセミの抜けガラになる前のやつは、どこからどうやってこんなとこまで来たの?
・来る前は、どのへんにいたの? 土のなかよ? どこの土のなか?
・土のなかからどうやって出てきたの?
・土のなかにもぐったのか? どこからもぐったの?
・もぐる前はどうしてたん?
・タマゴからかえる前はどうしてた?
・タマゴはどこにあったの?
・タマゴ生んだハハゼミはどうやうふうに生んだった?

 

?マーク✕12こならべて、

 

2コのセミの抜けガラがくっついているキンモクセイの細枝の葉っぱの先っちょから、視線をその真下に落としたところを、古iPhone5カメラが撮った画像は、

f:id:muyamisaki:20180816203345j:plain


古めの朽ちた土留めのイチョウ丸太に、ぽつぽつ小孔が開いている。

 

「セミの抜けガラ」の記憶の根っこが、このなかにあったみたいな小孔が、ハハゼミの、産卵管用の、セミコンダクタ?