GIFアニメ的水撒きと「ダンス・ダンス・ダンス」および「け」っていうおおかみ

台風13号は明日、8月8日(水)関東に接近する予定。


きょうの朝、雨、気温22℃、気圧1009hPa。北からの涼しいというよりもう立秋の冷風4m/s。


きゅうな気象変化でいつもの偏頭痛+ノドいがいが症状がでかかってるもよう。


でも鉢植え植物、トロ箱植え野菜は、あたしのホースシャワーの水撒きなんかより、久ぶりの本降り雨で大喜びのようでした。

大家さんから、台風前の食料買い出しのお誘いあり

 

あした様子みながらだけど、またリュックサックしょって行くようになるねー

 

はーい、いつでもおっけーです。ピンポーンしてくださーい

 

ところで、あんたこれもう読んでた?

 

f:id:muyamisaki:20180807212732j:plain



わーーなんか、いい表紙ですねーー

 

表紙のイラストは、佐々木マキってひとで、「やっぱりおおかみ」って絵本もね、

 

やっぱりおおかみ、知ってます、おおかみ「け」ってゆうんですよねー

 

そうそ、でも、おおかみの話じゃなくって、あんたきのう「GIFアニメーション的水撒き」とか言ってなかった?

 

えー、ええーと、なんでしってるんですかー?

 

なんでって、なんでもいいでしょ、その本はじまってすぐの「2」くらいのところまででいいから、まー読んでごらんなさい

 

読んでみた。


 それはある女性誌のために函館の美味い食べ物屋を紹介するという企画だった。僕とカメラマンとで店を幾つか回り、僕が文章を書き、カメラマンがその写真を撮る。全部で五ページ。女性誌というのはそういう記事を求めているし、誰かがそういう記事を書かなくてはならない。ごみ集めとか雪かきとかと同じことだ。だれかがやらなくてはならないのだ。好むと好まざるとにかかわらず。
 僕は三年半の間、こういうタイプの文化的半端仕事をつづけていた。文化的雪かきだ。


『ダンス・ダンス・ダンス(上)』村上春樹/講談社文庫2004年より(p.31)


大家さんは、「GIFアニメーション的水撒き」と、この小説の「文化的半端仕事」「文化的雪かき」の、ところにかんして、ぴぴぴと「なにか」キャッチした? みたいでした。


「GIFアニメーション的水撒き」は、じぶんで言うのもアレですけれど、まったくかんたんで、

 

「ほとんど無イミ」

 

ていどのことです。

 

いっぽう、「文化的半端仕事」「文化的雪かき」のほうはというと、たとえば「Hatena Keyword」などでは、

d.hatena.ne.jp



d.hatena.ne.jp


それぞれ微妙に、ちがってるところがあって、

 

「け」っとはけっしていいませんけれど、

 

そういうところがなんだか、

 

「むふふ、おもしろいなー」と、おもったと、


明日、リュック背負って買い出しいくときに、

大家さんに報告することにしました。

 

【つづきます】