むやミ日記

Muyami Net Watching Diary

こまっ犬〔着物【女装】身八口〕をめぐる冒けん中

郊外枯野の時ネジを逆にまくの巻(4)

 

きのうの「ヤツクチさまってなんなのか?」をざっとおさらいしてみます

 

『新編武蔵風土記稿』(1810年に起稿し、1830年に完成。全266巻)の中の「旧■■郡の巻」に見えるとある村の小字小名に「ヤツクチ」とフリガナされた「八口社」があった。

この「八口」ってなんなの? と調べていくと、次の4項目が浮上してきた。

 

  1. 「越 八口」
  2. 「出雲 八口」
  3. 「安室 ハロ ガンダム」
  4. 「和風着物(おんなもの) 八口」

 

上記の「3.」は、よくみると漢字「八口」ではなくカタカナ「ハロ」らしかったので除外することにした。「1.」および「 2.」 は、このへんが本命らしいのであとまわしにし、「4. 」が、どちらかといえば簡単そうなので、ここから、片付けてみることにする。

 

すると、

 

やだ~な~、ボクやだな~ぁぁああぁぁ

と、こまっ犬が騒ぎだした。

 

どうやら、こういう姿にされるのが、やだったみたいだった。

f:id:muyamisaki:20181003194816j:plain

 

こまっ犬、その犬歯を見せてさいしょは「や」がっているようだったが、でも、すぐ、(なんかいいかも・・・てかんじに)状態おちついてきたみたいで、胸あたりを拡大ズームしにいっても、ぜんぜん文句いわず、に、

f:id:muyamisaki:20181003194952j:plain

 

はい。ここの黄色で色つけしたところ【赤色矢印が示す先】が、もんだいの「身八口」あるいは「身の八口」と呼ばれるところ、らしいです。むふふ

と、こまっ犬が説明し始めたのだった。

さらに、

 

和装着物(女用)には、身体を包み込んでなお、開口している部分が、この「身八つ口」2こ、のほかに、「袖口」2こ、袖口の反対側にある=「振八つ口」(または単に「振り」)2こ、あと首周りの「衿」1こ、足が出る「裾」1こ、の合計「八」この「口」があいています。上の写真で、袖口とか足の方の裾なんかに「白色」の下着ぽいのがチラ見えしてるのがそれですね。えー、あと、ちなみに男用は、6こ、しかないらしいです。どうして6こなのか、不平等じゃないか? と、ご不満のかたは、ググって調べてくださいね。むふ・・

とかいって、とっとと、去っていくのでありました。

 

かんたんまとめ

こまっ犬くんのコスプレなんかしている場合ではありません。

 

次回はいよいよ、


「越 八口」と、「出雲 八口」を解明し、

「郊外枯野の時ネジを逆にまくの巻」
「こまっ犬をめぐる冒けん」

のカクシン部分へと、

さっそうと、はいって、

いける、の、で、しょうか?

 

【つづきます】