むやミ日記

Muyami Net Watching Diary

ホームセンターで買ってきたコーヒーの苗木が大きくなって

郊外枯野の片隅にビニール温室を組み立ててコーヒーの木を移植するのこと

 

ちょっと前にね、ホームセンターで買ってきたコーヒーの苗がさ、どーんどん大きくなっちゃって、トロ箱でも、大きめのプランターでももうね、狭っこくなって窮屈そうなのよ、地面にじか植えにしようとおもうんだけどね?

 

えー、コーヒーの木ですよね? これからどんどん外、冷えますよね? 今日の朝、外気温14℃でしたけど、だいじょうぶ? なんですか?

 

通販のポイントけっこう貯まったからさ、ビニール温室ポチッて、もう届いてるの

 

ひェー、もうビニール温室きてるんですかぁ、そんじゃ、その温室って、どこに作るんですか?

 

いま堆肥が入ってるミドリ色のコンポストあるでしょ? 堆肥は、これからお礼肥えで全部使っちゃうから、入れ物のコンポはね、よそにどかしてその空いたスペースが、いーんじゃないかなっと?

 

あーはい、わかりました、けど……、あのー、けっこうハードそう? ですよねぇ……

 

はーいはい、@1kにベースアップ、でしかも、お昼ゴハン付き! どうですか?

 

あ、あ、おk、はーい、お受けさせて、いただきます。

 

うん、あーと、移植・植え付けはあたしがやるから、あんたも、怪我しないように気をつけてね


コンポストとは?

▲2018年7月のコンポスト

 

コンポストの跡地をならし、移植用の穴を掘った

f:id:muyamisaki:20181015200946j:plain

レンガはビニール温室の四本脚の置き場です。

 

コーヒーの木2本をさっそくここに植え付けた

f:id:muyamisaki:20181015201138j:plain

▲大家さんが、ベランダのプランターに植えていたコーヒーの木2本を、さっそくここに植え付けました。仕事がはやいです。

 

別場所で組み立てておいたビニール温室をコーヒーの木にかさねます

f:id:muyamisaki:20181015201802j:plain

▲骨組みを、あたしが抱え持ち、大家さんがコーヒーの木の枝をそーっと気をつけながら棚網を2枚外した骨組み枠の間を通して、設置を終えました。

 

とりあえずの仕上がり図 

f:id:muyamisaki:20181015201620j:plain

▲ビニールカバーを取り付けました。

ビニールの裾を地面にもぐらせ、土寄せをしました。このあとは、木枯らしが吹いてくる前までに、強風で飛ばされないような対策を施して、無事、吹っ飛ばされなければ、、完成。。となる。。予定なのですが。。これが…ひじょうに…むずかしそう。。コーヒーの木がさらに大きくなったら順々に金網棚を取り外していく。。のですが。。どうなるでしょー?

 

 そしてこれは、いまの、

f:id:muyamisaki:20181015202146j:plain

▲大家さんの住んでいるベランダ側の板の間で、すくすく成長中の「ホームセンターで買ってきたコーヒーの苗木」の別の現在。

 

コーヒーの木の葉っぱ、ぴかぴか光って、きれいです。

 

  

〔参考:フィリピンのコーヒー〕

フィリピンはコーヒー産地としては無名ですが、
実はコーヒーの歴史は古く、
スペイン植民地時代にコーヒーが伝えられ、
フィリピンの人々はこよなくコーヒーを愛しています。
スペイン植民地時代に伝えられたコーヒーは

kapitako.jimdo.com

 

 

【つづきます】