むやミ日記

Muyami Net Watching Diary

その後のコーヒーの木@ビニール温室と今夜のラジオ放送「粋な夜電波」【ラスト5】のこと

木枯らし1号は11月末日までに吹く秒速8メートル以上の北西風とのことで今年は39年ぶりにナシなのだと

 

今朝の最低気温は6℃でしたがだんだん気温が上がってきて穏やかなお天気になりました。

f:id:muyamisaki:20181201190231j:plain

コーヒーの木@ビニール温室

内部結露がびーっしりついた、コーヒーの木@ビニール温室の、入り口ファスナーを開いて乾燥した外気を流し入れてます

見た感じでは異常なし。

  • まだまだぜんぜん元気そう!(に見えてます)
  • 小さい葉っぱが2こ(茶色の○)と、
  • 左側、温室ビニールの裾下からネギより小さい、ニラよりやや大きめのスイセンの葉(赤色の○)が入り込んでいる

ていどで、ま、これは普通によくあることなのだろ? で、ほうっておきました。

 

やや角度を変えて見ると、コーヒーの木の下の方の葉が、黄色くなっているのが見えてます

f:id:muyamisaki:20181201190927j:plain

コーヒーの木の黄変葉っぱ

 

 

コーヒーの木の下の方の葉っぱは、木が成長すると黄色くなって地面にぽろんと落っこちるものらしいですヨ

 

  • と、大家さんがいってましたから、ま、いいかっ、てことにしておくことに。
  • 手前の白色の○は、スイセンの花のつぼみで、もうすこししたら咲きそう。

ビニール温室の裏側にまわって見渡すと

f:id:muyamisaki:20181201191413j:plain

スイセンの白い花

こちらはもう、スイセンの白い花が咲いていて、ほんのりいい香りがしてました。

いっぽうこちらは、図書館のいつもの逆光のケヤキの木ではなく、

正面から太陽光があたってる別のケヤキの木。

f:id:muyamisaki:20181201191538j:plain

図書館南側のケヤキの木

12月に入りましたが、とうとう11月ちゅうに「木枯らし1号」というのが吹かなかったので、このへんは39年ぶりに「木枯らし1号ナシの年」なのだそうです。


でもきょうは、日光や上越国境などの標高の高いところや、北陸、東北、北海道は、台風並みの強風が吹き荒れたらしいので、じきにその余波が南下してきて「遅刻の木枯らし」強風が吹き荒れる? ことになるのかもしれません。

 

そうすると、いま、古iPhone5で撮影しているここ、図書館駐輪場は、こういうでっかいケヤキの木がにょきにょき生えてますから、枯れ落ち葉だらけになってしまい、いつもていねいにお掃除している担当のひとはタイヘンな作業になるのだろうなー、と思います。

 

一度できれいに裸ケヤキになればラクでいいけど、たぶんそんな風にはならないで、はいてもはいても枯れ枯れ落ち葉はキリなく舞落ちてくるにきまってますね。

 

図書館で、この雑誌をかりてきました

f:id:muyamisaki:20181201191839j:plain

文學界2018年3月号
どうしてこの雑誌かといいますと、

一週間前の、11月24日(土)28:00~TBSラジオ「粋な夜電波【ラスト6】」“韓流最終最高会議”を聞いてたら、その放送ラスト近くで、

 

  • 次回の12月1日(土)は、筒井康隆先生をお迎えして【ラスト5】の放送があること。
  • 筒井先生は、この番組がスタートした、2011年からの一連の放送の記録が書籍化されている「粋な夜電波本」シリーズをお読みになって、「文學界」2018年3月号に「ダークナイト・ミッドナイト」をお書きになったこと。
  • その「ダークナイト・ミッドナイト」を、今年12月いっぱいで放送終了がきまっている【ラスト5】の回で、つまり【今晩:2018年12月1日土曜日28:00~】の放送で、先生ご自身が朗読されること。

などなどが、DJ・菊地成孔さんからお知らせがあって、

  

ぐぇ、ぇぇえー、そ、それはは、わわわ~~

とかさけびながら、

あわあわててててあたしの古iPhone5オンにしてここの図書館WEBサイトを開き「文學界2018年3月号」のリクエストコールをポチッた

 のが、一週間前の日曜の早朝のこと、なのでした。

  • つぎの月曜日は、図書館おやすみなので、ただ待機。
  • 火曜日、図書館からメールがあって、
  • 「リクエスト書籍のご用意できました」
  • やった。

「文學界」という雑誌は、いつものここの図書館ではなく「分室」図書館に常備されていて、リクエストがあると図書館移動車で、ここの図書館に配送されてくることになっているのでした。

 

そうして、手元に届いた「文學界2018年3月号」の表紙を改めてジーッくり見ています

なにかひじょーに怪しげな、マンガのイタヅラガキふうに見えた表紙を、見ています。

そうっと表紙を開いてみると

f:id:muyamisaki:20181201192829j:plain

「女のケモノ道」岡崎京子

「文學界」の特集〔スペシャル再録〕なのでした。おもわず、あたしは、

ひ。ぇぇえ~~かっけぃぃぃ~~

 

  • 「大特集:岡崎京子は不滅である」を、ぜんぶ読んでしまいました。
  • それから、時間をいくらかおいてから、椅子のうえで正座して、
  • 「筒井康隆/ダークナイト・ミッドナイト」を読みました。
  • そして、いまから、8時間くらいたった、きょうの夜の明け方の28:00に【ラスト5】が、はじまります。
  • イヤホン付けた古iPhone5の、radiko.jpで、【ラスト5】の放送を、きく予定です。

 

f:id:muyamisaki:20181201194519j:plain

ダークナイト・ミッドナイト/筒井康隆

【つづきます】