むやミ日記

Muyami Net Watching Diary

消えた釣り堀周辺の明治前期低湿地帯と病院待合室でのカセンハンランゲン・ビコーチに関する考察

f:id:muyamisaki:20180601204243j:plain

おお、よくみつけたなー!
ここの赤色のかこいのところが「釣り堀」な。
あと、この緑色の水みたいのに浸ってるの、なんなのよ?
うす緑と濃いめの緑があるよなー。
建物とか道路まで緑色の水みたいのにぷかぷか浮いてるとこあるじゃね?
もっと、あやしいの、白と水色の水平の線で水が溜まってるかんじのとこ、なんだこれ!?

 

GSI HOME PAGE - 国土地理院

国土地理院のサーバメンテ終わったみたいでした。

 

地理院地図KMLデータ | 地理空間情報ライブラリー

「KML配信ファイルリスト」のページも生き返ってました。
グーグル・アースの地図上にネットワークリンクで、明治前期低湿地帯が表示されるようになりました。表示される地域は、限定されているようです。

きょうは15:00から病院でした。
1週間前に受けた検査結果を、新しい主治医からきいてから、今後の治療方針と次の検診日程カクニンして、会計処理がおわるのを待っています。


18年さんは、このまえと同じで、15:30あがりのリハビリ・クエストをやっつけて、ぶっとい杖をつきながら、会計カウンターに到着してファイルを係のひとにわたして・・・、

 

 あたしの、古iPhone5の画面を見ています。

 

(む)「その白と水色の水平の線が、明治前期低湿地帯の表示のようですね」


(18)「・・・ちょっと、まってな・・・」

 

(む)「あと、緑のうすいのと、こいいののちがいは、もしかすると高低差かも・・」


(18)「こっちの、右側の水たまりみたいなとこの、真ん中へんなー、おれんちがあるとこだぜー?」


(む)「あー、そこ、デカスーパーさんの向こう側ですよねー」


(18)「ちょ、ちょーっと、デカイ地震くると、やべーんじゃねー、ひょっとして、ほら地面から水が湧いてくるやつ?」


(む)「液状化・・」


(18)「35年前、建売かったとき、こんな地図なかったもんな・・」


(む)「あのー、釣り堀があったところ、なんで湿地帯のマークないんですかねー?」


(18)「んー、あー、そういえばなー、釣り堀のオヤジさんがな、昔っから人が住んでたとこはな・・」

 

(む)「・・・」

 

(18)「この写真でゆーと、黒茶色ぽい住宅屋根が密集してならんでるとこな、」

 

(む)「・・」


(18)「こう、なんか島みたいなカーブした尾根みたいなとこだよな、遺跡発掘したときに、教育委員の担当の先生が、カセンハンランゲン・ビコーチとかいってて、そういうとこに、むかしっから部落があったんだと・・」

 

(む)「あー、微高地ですかー」


(18)「おれんとこは、そのぎゃくな・・微低地」

 

(む)「あの、あたしんとこは、いちおー微高地にはいってるみたいですけど、その表面から3、4メートルくらい掘って、わざわざ低くしたコンクリの箱のなかなので・・」

 

(18)「あー、ものずきだよなー、おなかまだなー」

 

(む)「ぐふ。。」


【つづきます】