むやミ日記

どごさぁべ? 夢野岬ノ果テなさぁべ。

雨はれて白むくげにコアリンコいっぴきカポンとワイヤとナガグツ

f:id:muyamisaki:20180619201907j:plain

コアリンコにカメラを向けるといつもかならず反応します。

 見らてる、を感知する能力あるんでしょうね、コアリンコ。
 

 古iPhone5のカメラ状態になった液晶画面を見ていると、オートフォーカス? が作動して、画面がキレイになったりボンヤリしたりするのは、なにか怪しい光線か超音波を出していて、古iPhone5もそれなりにいっしょうけんめい光線波の発着時間の計算しているのじゃない?
 その怪光線波をあびたコアリンコ、も、さるもので、黒ちっこい全体を、まるっとセンサーに切り替えて、でこのあと、サササササと、しろむくげ花のうらがわに消えていきました。

 

「カポン、ってやるやつありますか?」
「あ、あるよ」

 大家さん、いっぱつでつうじたみたいです。
 これ、読んでいる読者のかたには「カポン?」、わけわからない、でしょ?
 「カポン」の発声といっしょに、あたしは両手の親指を上にして握り棒をにぎりつつ、両膝をナナメ45°に開き、そのまま腰をスッと落とし、すぐまたもとの位置にパッと戻る動作をしていたのでした。

 大家さん、握り棒の先っちょに黒色ゴムのついたカポンという、あれと、セットのワイヤを、すぐ持ってきてくれました。

 

 きょうの作業装備はいつもの完全装備+ゴムナガグツでした。

 作業中は写真撮影なしでした。

 これは、作業終了後の写真です。

f:id:muyamisaki:20180619202113j:plain

赤○印が排水口。その内部がつまっていました。

 まだコンクリ床と縁石の繋ぎ目が湿っていますが、作業開始のときは、ここの足洗い場みたいなところには、泥と水がしっかり溜まっていて、、
 その中に、ゴムナガはいてカポン持って、赤○印の排水口めがけて、カポン、カポン・・・やったのでしたが、、

 効きませんでした。

 

 つぎはワイヤです。

 赤○印の排水口のアミを外して、ワイヤを送り込んでの突っき作戦ですが、

 これまた、効きませんでした。

 

 突っ込んですぐに写真の上方向で、塩ビ管がカーブしていて、そこから先にワイヤ入っていきません。

 

 つぎは、大家さんがいつも植木に水をやっているシャワーの、水色ホース(超長)の、シャワー部分を取り外して、ホースの先っぽをハサミで鋭角的に切断したやつを、水道蛇口を最初は弱めでにしておいて、突っ込んで、いくと、

 何回かやっているうちに、カーブ部分を曲がりこんで先に進みました。。

 水道蛇口を強めに開いて水圧をかけながら、ガシガシガシガシやっていると、向こう側の雨水排水枡(マス)に突き抜けて、

 ヤッター!!

 

 泥水排水の流通はこれでOKに、なったのですけれど、、これから降ってくる本格的梅雨の、泥まじり雨水のながれの方向を、変更しておかないと、また、おなじような事態の繰り返しになりそうなので、

 写真(1)↑ の紫色矢印が今までの、雨水泥水の流れ込み方向だったのを、

 

 写真(2)↓ のように、睡蓮葉っぱが見えている青色バケツの下側を通って、

f:id:muyamisaki:20180619202623j:plain

 足あらいの流し場に、雨水泥水が、流れ込まない別のルートを、作って、完成!


 ということにしました。


 今日は、ほんとによい天気で、おひさまカンカン照りの、よいよいよいに、なりそうな、作業日和なの、でした。


 明日から、また雨になりそうです。


 きょうの、さぎょうけっか、が、けんしょう、される、ことに、なりまする、どうか、せいこうしますように、と、いのって、おります、る。


【つづきます】