むやミ日記

Muyami Net Watching Diary

生態、生産、消費、分解、中断、etc

f:id:muyamisaki:20180615071705j:plain

このブドウの写真は、きのう2018/06/14(木)の日没少し前ごろに撮ったものです。

 

 画面が暗かったので、「暗いのなおす」ボタンを発見(はじめて)押してみたら、明るくなりました。
 しかし、ムラサキ光線がなにかフキツな予感がして、やめとこか? とおもったら、や、まて、これはここのブドウ棚の上にある、デカめの自転車置場の屋根のせいじゃね? ときがついて、そういえば、あの屋根の太陽光を減らす? 用のプラ板薄素材は、こんな色してたね?ね? と了解できたので、 やめとこか? を、やめとくことにしました。

 

 きのうの【つづきます】のつづきを書こうと、まず「中断」のことから、はいってます。

 

 ムラサキ色っぽいプラ板薄素材の屋根の下のブドウは、もうこんなにおおきくなっています。そうすると、、
 

 このブドウの「生産者」は誰?
 と、いうもんだいからいってみることに、します。
 
 それは、もちろんあたし、なんかではなく、あるいはまた、✖✖年前に苗をかってきて、植えた(そのときはまだこのデカ自転車置場はなかった)らしいこのうちの大家さん、でもない。

 

 じゃ、だれなのよ?

 とかんがえてみると、、

 

 ブドウの根っこが植わっている地面のなかにいる微生物、あと水と、太陽光と、それを浴びてるブドウじしんの葉っぱ、と、その関係者=たとえばカナブンなど、は、葉っぱに穴をぽこぽこ開けます。そうするともしかして、そんな外部シゲキが適当にあると、成長期のブドウの葉っぱは、これはマズいというかんじになって、、

 

 そんなふうに想像してみると、ここの屋根下の葉っぱは、さっきのムラサキプラ板薄素材屋根のせいで太陽光が減衰? してるので ? 

 

 カナブン効果? と、おんなじように、対抗的に、もうれつに、これはマズイ! 

 

 と、おもうかどうかは葉っぱにきかないとわかりませんけれど、とにかく、こんなふうにゲンキになって、そうしてさらに、さらに無事に子孫を残すための実を、・・・

 

 あの、

 

 朝ごはんにいってきます。

 

【消費】
【分解】
【中断】
 

【つづきます】