むやミ日記

どごさぁべ? 夢野岬ノ果テなさぁべ。

ブドウの葉裏にいる未確認蓑虫物体のこことよそとミノの中身について

f:id:muyamisaki:20180617150133j:plain

ブドウの葉裏にミノムシのようなものがぶら下がっています。
 

 かなり前からぶらさがっていたのですが、どのくらい前だったか、おもいだせないので、いま、あたしの愛機=古iPhone5で撮った写真の詳細を見にいったところ。


「6月4日」。でした。

 

 ということは、2週間ほど前からずーっとぶらさがっているのでした。
 今朝も、ブドウ棚の下にいって見てきましたが、このまんまでした。ぜんぜん変わっていません。

 

 この「ミノムシのようなもの」が、ミノムシなのかどうかわかりません。未確認ミノムシ物体なのです。

 

 この未確認ミノムシ物体の外側部分をとりあえず=ミノ=蓑という名で呼ぶことにしてみます。

 

 その蓑=外套=のようなものの中から、もうそろそろ、得体(えたい)の知れないムシ(なにかの幼虫?)がゾロ~ンと出てきて、ブドウの葉っぱなどをバリバリ食いまくるオソレが、非常に強く予想されるので、そうなってからではおそいので、調べにいってきます。

 

ミノムシ - Wikipedia

ミノムシ(蓑虫)は、チョウ目・ミノガ科

(学名: Psychidae)のガの幼虫。一般には、その中でもオオミノガの幼虫を指す。

 となっていて、ミノムシのミノカサ(蓑笠?)状態の写真がありましたが、ここの、未確認ミノムシ物体の蓑笠の形状が、ぜんぜん似ていないと観察できたので、「ちがう。」でした。

 

 上の「観察」(結果)が、まったく正しとは限りません。

 その写真(wikipediaの)をここに貼り付けて、2コならべて比較できれば、ある程度「客観性」のようなものを示すことができるかもしれません。

 そのほうが、あたしにとっては、らくっていえば、らくなんですが、やぱり、そういうらくちんなことばっかりやってちゃね? ダメなんだよね? とか、ぶつぶつ言って、さっきの、wikipedia のテキスト画面をぼーっと見なおしています。と、

 

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。

 

という、注意事項があり、

 あらま?

 (・・・なんか、言いたいことがたくさん、あったみたいなんです・・・が、ここでも、)

 

 まーいーか。

 

 ってことにして、先にいかなくちゃ、

 いつまでたっても「ここの記事」書きおわらない、、ので、、

 

 小さく「まとめ」てみることにしました

 (↓こんなことやるのはじめてだよ↓)

 対象物=ミノムシのようなもの画像Aがここ(=の上の方)にある。
 その対象物の正しい「呼び名」がわからない。
 当面「ミノムシのようなもの」として調査開始した。
 対象物の画像B(よその=wikipediaにある)が見つかった。
 画像B(よそ)と画像A(ここ)を比較した。「似てない」と思われた。
 「似てない」と思ったのはここのあたし、が、かってにおもっただけである。
 他方、よそのわたし、は、「検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分」と判断するであらう。ややややっこしいこの状態は、当面する対象物の正しい「呼び名」の調査が、まだとうてい終了しえていない、ということが明らかになった。だけであった。

 

へんなの、だった。が、

ここでも、とりままーいーか。

 

ってことにし、べつの(よその)やりかたをかんがえてみることに。。

 

 ね。

 

 いいね?
 
 いやね?

 

 昼ごはんいってきます。

 

 帰ってきました。


 おなかがじゅうそくすると、ほーっこりしてきて、ねむくなりますが、


 ゆーったり感がでてきたみたいで、、


「みのむし 中身」で、検索かけてみよーかー、とかやってみました。

(画像=閲覧注意=)


 たくさんあって、見るのたいへんでしたが、やや似ているのが、あったのでした。


 よそそとミだけじゃ、やぱ、だめだったみたいでした。

 

 なかミが、だいじみたいでした。


【つづきます】