むやミ日記

Muyami Net Watching Diary

お絵かき基礎練(第2部)スタイラスペンを自作してみた

いままでは、Windows7で、Photoshop 5 と Illustrator 8 というクラシカルなお絵かき道具つかってマウスでゴリゴリかいてました。

そのゴリゴリ感覚は、かなり「おー・・かいているなー」といういい感じではあったのですが、なんとなく、

あたらしめの iPad+Apple Pencil や、

Adobe の雲の上アプリのほうに、ちらちらと、

あー、あーゆうの、いいなーーとあこがれていたのでしたが、

手も足もでない。のでまず、

身近に、古くからある古iPhone5のタッチパネルを使って、お絵かきできる、何かいいのないかー? と探してみたら、

ありました。あったのでした。そこで、

 

 スタイラスペンを自作するもくてき

(1)古iPhone5のタッチパネルでお絵かきできるのはわかった。だが、

指でかくより、スタイラスペンでかけるようにしたい。

そしてスタイラスペン自作して無料でかけるともっといい。

(2)その自作スーペンで、「アイビス・ペイント」アプリ使って

お絵かきの基礎練(その第2部)を開始するのだ!


準備する材料
  • ポテチ袋(油を洗って乾かしたもの)または、
  • 静電気からボード・メモリなどを守る用の袋
  • 鉛筆の芯が入っている鉛筆
  • セロテープなど(小さく切った袋のペン先と鉛筆を接着させる用)

スタイラスペンに関する原理みたいなこと

ペン先になる「袋の素材」について
  • ハードディスクが入っていた袋をつかってみた。
  • ハードディスク袋は、静電気からボード・メモリなどを守る用の袋らしい(と、どこかのボード、メモリ関連会社のサイトに書いてあった)。
  • 「ポテチの袋」も、同じような素材で作られている(のか?)
  • 静電気をボードやメモリに帯電?させないように外?に逃がす?ように保護?してるのか?ふーん?もしそーだとするとでは「ポテチ」というものは、ボードやメモリやハードディスクと同類のもの?なの?か?(不明)。

 

結果と考察
  • ハードディスクが入っていた青薄透明の袋とミズマキ鉛筆3Bと4Bで作ってみた。
  • 静電気? っていってもビリビリ☇ とは、こなかった。
  • 古iPhone5のタッチパネルに、ニンゲンの指が触れたとき、パネル側から静電気が、ニンゲンの指側にちょびっと動く? のが、なにかの信号になってる? のか? もしれない? な?
 
完成~鉛筆型スーペン~

f:id:muyamisaki:20180906203512j:plain

とってもかんたんにできました。

鉛筆型スーペンは、下のサイトにあるYouTube動画の後半にあありました。

 

たいへんお世話になりました。

 ↓↓↓blog.livedoor.jp


これから開始する基礎練習サイト

↓↓↓

ibispaint.com

 

お絵かき基礎練(2部0回目)


自作スーペン試運転成功うれしい!

f:id:muyamisaki:20180906204823j:plain


これから基礎練にはげみますっ。


参考自己PR

「ミズマキ鉛筆」は、ここのサイト入り口の左上にある「ナビメニュー~HOME~」のなかで、基礎練厨のひとが振り回してる鉛筆に、よくにている鉛筆です。

 


どうぞよろしくお願いします。

 

 

【つづきます】